请选择 进入手机版 | 继续访问电脑版

百花论坛

搜索
查看: 392|回复: 0
收起左侧

【中日対訳】肥満の人は体重減少でメタボリックシンドローム発症リスクも下がる 米研究

[复制链接]

管理员

2万

主题

2万

帖子

5571 小时

在线时间

管理员

Rank: 5Rank: 5

积分
160578
发表于 2018-11-13 23:16:42 | 显示全部楼层 |阅读模式

今すぐ登録、素晴らしい風景が広がります。

您需要 登录 才可以下载或查看,没有帐号?立即注册

x
肥満の人は体重減少でメタボリックシンドローム発症リスクも下がる 米研究
美国研究:胖人减体重 罹患代谢综合征风险降低
人民網日本語版 2018年11月12日09:54

美国约有一半人口超重或肥胖,因体重过高导致人们患上多种身心疾病已成为一大难题。近日,美国科学家研究发现,尝试减掉5%~10%的体重,就可使代谢综合征风险降低两成。
米国人の約半数が、過体重または肥満が原因となる身心疾患に悩まされており、大きな問題となっている。米国のある研究ではこのほど、体重を5-10%減らすと、メタボリックシンドロームの発症リスクが約2割下がることが分かった。
美国得克萨斯大学健康科学中心研究员格雷格•康奈尔及其研究小组分析了7670名肥胖成年人的健康数据,调查参试者体重、腰围、血糖水平、胆固醇水平等与心脏代谢健康相关的信息。结果显示,成功减掉5%~10%的参试者,患上代谢综合征的几率降低了22%,而那些减重20%以上的人则受益更多,他们患代谢综合征的几率降低了53%。
米テキサス大学健康科学センターの研究員のグレッグ・コーネル氏率いる研究グループが、肥満の成人7670人の体重、ウエスト、血糖値、コレステロール値など、心臓や代謝と関係のあるデータを分析したところ、体重を5-10%減らすことができた実験対象者は、メタボリックシンドロームの発症リスクが22%下がることが分かった。体重を20%以上減らすと、その効果はより大きくなり、メタボリックシンドロームの発症リスクが53%も下がった。
格雷格•康奈尔说:“与肥胖密切相关的代谢综合征是心脑血管病、高血压、糖尿病、痛风等多种现代病的病因。统计数据发现,可以成功减肥并长期维持体重的人并不太多,在我们的研究中,有62%的参试者即使尽了最大努力也无法摆脱多余的肥肉。减肥虽难,可如果已经发现自己超重,即使减掉一点点也比不减强。减肥时最好遵循专家提供的健康生活方式,将目标定为减掉自身体重的5%~10%,循序渐进慢慢来。”
コーネル氏は、「肥満と密接な関係があるメタボリックシンドロームは、心脳血管疾患、高血圧、糖尿病、痛風などの現代病の原因となる。統計によると、ダイエットに成功してから、その状態を長く保てる人は少ない。私たちの研究では、実験に参加した人の62%が一生懸命に努力しても余分なぜい肉を落とすことができなかった。ダイエットは難しいが、過体重であると気づいた人は、少しでも体重を落としたほうがいいといえる。ダイエットをする時は、専門家の健康的なライフスタイルに関するアドバイスに従い、体重を5-10%減らすことを目標にするといい。一歩一歩ゆっくりとダイエットすればいい」とアドバイスしている。

回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 立即注册

本版积分规则

Archiver|手机版|小黑屋|百花网 - 在日华人的论坛 ( Copyright (C) 2015 Flowers Corporation. All Rights Reserved. )

GMT+9, 2021-9-17 21:51 , Processed in 0.046770 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表